HOME > 治具とは

お問い合わせ





治具(冶具)とは

日刊工業新聞社刊「機械用語辞典」によると次のように説明されています。

ジグ jig
治具(冶具)は当て字。工作物を固定するとともに切削工具などの制御、案内をする装置。おもに機械加工、溶接などに用いる。これによっていちいちけがきする手間がはぶけ、加工が容易になり、仕上がり寸法が統一されるので作業能率を増し、大量生産に適する。

これ以外に治具という言葉は色々な分野で使われています。例えば鍍金業における薬液に漬けるための器具、熱処理業においても焼きむらを防ぐための器具、化成品を組み立てるための木型等です。しかしなんといっても一番に意味するのは、辞典にあるように『金属を削るときに必要とされる装置です。』

また治具とよく似た意味で取付具という言葉もあります。

取付具 fixture
部品加工の際、工作物を加工できるように機械に取り付ける装置。実際的にはジグと混用することが多い。(同辞典抜粋)

東亜精機工業は『加工用治具の専業メーカー』です。





工作機械のイメージ図

工作機械のイメージ図(立型) 工作機械のイメージ図(横型)



工作機械に治具を装着イメージ図
工作機械に治具を装着イメージ図(立型) 工作機械に治具を装着イメージ図(横型)




治具にワーク(加工物)を装着イメージ図

治具にワークを装着イメージ図(立型) 治具にワークを装着イメージ図(横型)

治具(冶具)とはの説明文およびイメージ図は東亜精機工業において作成編集しましたが、大学、短大、専門学校、工業高校等の教育機関において教材として使用する場合に限り、弊社の同意無しに複写等することを認めます。

このページの先頭へ